忍者ブログ

ダウンロードはこちらから。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。技術委員会です。

6月3日に公示しました『規定演技採点に関する確認事項2016(以下、確認事項2016)』の、「ベルトの付け直しは大減点とする」という記述について、以下のような問い合わせがありましたので、補足説明をさせていただきます。


<問い合わせ内容>
移行(頭が上の姿勢で2つの運動をつなぐ姿勢変化)中にベルトの付け直しを行い、大減点となった場合、その直後の運動の成立は認められるのか。


<回答> (『確認事項2016』の補足)
『ラート競技採点規則2015』より、移行は次の運動のユニットに含まれるため、移行後の運動と同一ユニットとして、 移行に対する減点がなされます。


しかし、ラートインカレ規定演技の部においては、移行中にベルトの付け直しを行った場合、大減点となり、その時点でユニットが途切れます。
そのため、ベルトの付け直し直後の運動は別ユニットとなります。


したがって、移行中にベルトを付け直してから次の運動を実施し成功した場合、ベルトの付け直しによる大減点と、付け直し直後の運動に対する実施減点がなされます。
また、ベルトの付け直し直後の運動の成立が認められます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/20 関係者1号]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright 全日本学生ラート競技選手権大会実行委員会 by No Name Ninja All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]